FC2ブログ

国庫補助事業

 市役所が道路整備や河川整備などの大きな経費のかかる事業を行おうとする場合、国政府から補助金をもらって、「国庫補助事業」として事業実施する場合があります。

 どんな事業が「国庫補助」の対象になるかについては、省庁ごとに「事業メニュー」が定められているので、事業内容が、その「事業メニュー」に沿っていれば、補助金の申請をすることができるという形になるようです。
 
 想像すると、国政府としては、各市町村の行政水準の平準化(ナショナルミニマムの達成)とかいう位置づけで、国庫補助事業を設けているんだろうなと思いますが、一方で、国庫補助事業に対する色んな見方もあるようです。

 国庫補助事業の私なりのイメージを、「ペイント」で図にしてみました。これを例にして、話を進めます。(図がヘタクソですみません)
補助事業モデル図
 まず、それぞれの国庫補助事業ごとに、補助率というのが定められてます。補助率50%であれば、1億円の事業に対して5,000万円の国庫補助金が交付されることになります。
 なので、「市にはお金がないので、もっと補助金を増やしてくれ」と言っても、補助率が変わらない限り厳しいでしょう。(もし補助率を変えたら、過去に補助事業を使った別の市から文句が来るかもしれません)

 次に、残りの5,000万円をどう工面するのかという話になりますが、これについては、多くの国庫補助事業の場合、それを工面する財源として「起債(借金)」をするという制度があります。
 この「起債」についても、「市費負担の70%」とかいうように、「起債メニュー」ごとの率が決められていて、「起債メニュー」が無いかぎり、勝手に(その国庫補助事業に対する)借金を増やすというわけにはいかないのです。(図の場合は、市費負担のうち70%:3,500万円を起債対応)

 ちなみに、起債の考え方の背景には、「道路とかの社会資本は、整備した年度の住民だけが利用するわけではないので、何年かに分けて費用負担することにより、世代間負担の公平性を図る」という考え方もあるようです。(これについても、色んな見方があると思います)
 
 そして、全体事業費の中で、国庫補助金と起債を除いた金額が、その年度の市費(税収とか)から捻出しなければならない額ということになるわけです。(図では、残りの1,500万円)
 (補助金とか起債とかは、その用途が特定されているので「特定財源」、そうではなく用途が特定されてない財源を「一般財源」と言ったりします。ですので、ここで言う「市単独費」を「一般財源」という言い方で表現することもあります)

(参考サイト) 地方財政情報館(財政用語小辞典)
スポンサーサイト



テーマ : 公務員 ジャンル : 就職・お仕事

2009.09.30 (Wed) 23:47  |  業務説明  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

決算委員会の進み方

 25日から、市議会での決算審査特別委員会(決算委員会)が始まりました。

 私の勤務先市の場合、決算委員会の進み方としては、まず、決算監査の説明・質疑のあと、歳出の款(大分類)ごとの審議が進んでいくということになります。

 具体的に言うと

 第1款(議会費)の審議・採決 → 第2款(総務費)の審議・採決 → 第3款(民生費) …

という感じです。(款についての説明は、役所の経理って? #2(9/12)をご参考ください。)

 それで、款(大分類)ごとの審議の進め方ですが、

 ・説明…役所側が、その款の「お金の使い道」について説明する
 ・質疑…議員の皆様が、その「使い道」について、色々な視点から質問する
 ・討論…質疑を踏まえ、賛成するべきか反対するべきかなどの意見を述べ、討論する
 ・採決…討論を踏まえ、賛成・反対の意思表示をし、多数決によって結論を出す

という流れになっているようです。 

 決算委員になってらっしゃる議員の皆様は、それぞれ様々な視点から質問をされるということもあって、それぞれの款(大分類)ごとの審議時間は、結構長くなります。

 私の職場に関連する「款」は後ろの方の順番なので、出番はまだですが、前の方の「款」の審議状況をチェックしつつ、最終的な打ち合わせなどを進めている今日この頃です。

○関連記事
 ・決算の認定
 ・決算委員会の準備

テーマ : 公務員 ジャンル : 就職・お仕事

2009.09.29 (Tue) 23:40  |  業務説明  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

役所の経理って? #4

 前回(役所の経理って? #3)の続きになるかどうか分かりませんが、役所の経理について、具体的な「支出伝票の整理」の仕事を中心に書いてみたいと思います。



 私の「通常業務」のなかでも、結構なウェイトがあるのが支出伝票の整理です。毎日毎日、私の机に各課からの支出伝票が積み上げられて、その整理をしてるんですが、今日はそんな話をしてみたいと思います。

 役所の経理の基盤には、市議会で議決された予算があるんですが、実際にお金を払う場面をもう少しミクロに見てみると、

 (予算に基づき)実施決定 → 入札 → 契約 → 履行 → 確認 → 支出

というイメージになると思います。
 (もっとも、金額によっては入札ではなく見積書の比較になったりしますし、電気代とかは入札も契約もないので、全てがこの流れだというわけではないのですが)

 ここで、ポイントとなるのは、(少なくとも私の勤務市の場合は)原則として「契約履行確認後の支出」となることです。――具体的に言えば「鉛筆を買うときにお金を払う」ではなく、「鉛筆を持ってきてもらった後にお金を払う」というイメージになります。

 なので、私の机の上に積まれていく支出伝票(正確に言えば「支出負担行為決定書」と「支出命令書」)は、契約も済んでいて履行も終わっていて金額も確定しているものばかりということになります。(※例外的なものはありますが、話が専門的になってくるので、単純化した話にしています)

 入札とか契約とかの際には、すでに決裁文書などで意思決定手続がされているので、あとは、

  • 請求金額と契約金額が違っていないか
  • 適切な予算項目(款項目)なのか
  • 契約書の名義/支出伝票の名義/口座名義は同一か

とかがチェックポイントになります。
 そして、整理した伝票を「出納室」という部局に渡し、出納室にて最終的な審査をした後、相手方の口座に入金されることになります。

 出納室の審査では、かなり細かいことまで指摘され、指摘を受けた伝票はまた私の机の上に戻ってくることになります。各課からの伝票と出納室から戻ってきた伝票で、油断すると私の机の上は伝票だらけになってしまうのです。

テーマ : 公務員 ジャンル : 就職・お仕事

2009.09.28 (Mon) 22:04  |  業務説明  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

黄金旅風

黄金旅風 (小学館文庫)黄金旅風 (小学館文庫)
(2008/02/06)
飯嶋 和一

商品詳細を見る

 卓越した外交政治感覚と骨太の正義感で内外の脅威から長崎を守護し、人々に希望を与え続けた傑物たちの生涯を、壮大なスケールで描いた娯楽巨編 (カバーより抜粋)


 江戸幕府がスタートしてからしばらくは、海外貿易もそれなりに行われていたようです。
 この物語は、この「朱印船貿易」を行う“事業家”の末次平左衛門(二代目末次平蔵)が、長崎奉行が行おうとしている“暴挙”に対して、どう対処するのかということが描かれています。

 功名心と物欲にかられた馬鹿者どもの先走りによって引き起こされる事態など、何を招くかわかったものではない。いつだって悲惨は最も弱き者を直撃する。当然そんな野心は粉砕しなくてはならない。
 …………
 朝鮮を平らげ、大明を征伐し、印度(インド)、呂宋(ルソン)まで支配下に治めようとの野心を秀吉は持ち続けた。…妄想に憑(つ)かれて自らが滅びるのは必然だが、民は苛政(かせい)と悲惨とを強(し)いられる。…大愚を行う者は必ず大義を振りかざし、結果最も弱き者が悲惨を見ることとなる。(pp238-239より抜粋)


 物語のなかで長崎奉行が行おうとする“暴挙”を見ると、このような危機意識が沸いてきますが、
  • その対抗策として、「うぉらぁー!長崎奉行所打ちこわしじゃぁー!!」ではなくて、自分が持っている立場や人的ネットワークを使って、どう危機を回避していくのか。
  • そんななかでは「すべてが丸く収まる」というわけにはいかないことも出てくるが、それでも「やれること」に対して確実に手を打っていく。
 主人公に対して、そんな印象を感じました。

 ともすれば、 「長崎奉行を力でぶっ潰す!」みないになって、大げさなチャンバラが出てきたり、どこかから印籠が出てきたりしがちなんですが(笑)、そんな短絡的で成功確率の低い解決方法ではなくて、今ある幕府制度のなかで対抗策を探っていくところが面白いですね。

 鎖国が完成する間際、日本がどんな状況にあったのか?という視点でも、とても面白く読むことができました。 

テーマ : 読書メモ ジャンル : 本・雑誌

2009.09.27 (Sun) 11:41  |  読書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

サガン鳥栖3連勝

ベアスタ看板

 ベストアミニティスタジアムは、J2サガン鳥栖のホームタウン:佐賀県鳥栖市の、鳥栖駅のすぐ隣にあります。今日はヴェルディ戦を見に行くことにしました。

 駅の隣のスタジアムなので、いつもはJRで行くんですが、今日は試合が終わった後も自由にブラブラしたいな…と思って車で行ってみると、球場近くの無料駐車場は試合開始30分前から満車!

 ちょっと昔は、車で見に行っても、(失礼ながら)観客数が少なく、フラッと行っても近くの駐車場に駐車できたんですが、今日はすごく人が多かったです。結局、遠くの駐車場に停めて、そこからのシャトルバスでスタジアムに向かいました。
 今年のサガン鳥栖は強いみたいなので、それがお客さんを呼んでいるのかもしれません。
 
 ベアスタスタンド ベアスタ応援風景

 それで結果なんですが、ハーフナーとトジンのゴールで今日も勝ち、サガン鳥栖の3連勝となりました。

鳥栖2-1東京V

 昔のなかなか勝てなかった頃を知っているので、ただただスゴイと感じます。このままいくと、「もっと上の順位に行くかも」という淡い期待も浮かんできますが、そんな期待も込めつつ見守っていきたいと思います。


◎今日のAnswer×Answer戦績
 観戦終了後、「語学・文学大会」に参戦しました。
 それなりに得意な分野なので、序盤は苦しんだものの、その後は格上のプレイヤーにも勝利することができるなど、好調な日でした。
 結局9クレジットで65Fに到達(16勝13敗)し、限定アイテムを獲得することが出来ました。

【現在のステータス】 SSS3リーグ プロアンサー(502万パワー) 全国4260位

テーマ : Jリーグ ジャンル : スポーツ

2009.09.26 (Sat) 21:57  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT